株式市場1部・2部ってなに?

日本の株式や債券の取引は、東京、大阪、名古屋、札幌、福岡5つの証券取引所でおこなわれています。
このうち東京、大阪、名古屋の3市場はそれぞれ東証、大証、名証と呼ばれ市場第1部と市場第2部に分かれています。

2部というは、全国各地区で証券業界が運営していた店頭取引を取りこんで創設されたものです。2部と区別するために従来の上場株を1部としています。

東証、大証、名証どの証券取引所においても株式を上場するためにはクリアしなければいけない厳しい条件があります。
その上で上場を認められた企業は一般的に優良企業とみなされるのです。
1部市場と2部市場は上場の基準が異なっています。

1部に直接、新規上場するためには上場株式総数が10万単位以上必要です。また、株式の発行枚数に株価をかけた時価発行総額が500億円以上なくてはいけません。
取引の規模が大きい大企業が1部に上場しています。1部に上場できれば世界的にも大企業として認められたことになります。

2部への上場は1部に比べると緩やかな条件に設定されています。例えば時価発行総額が,東証では20億円以上、大証では10億円以上でokです。そのため、1部よりも株式の発行部数が多くなっています。

この他に急成長しつつある企業やベンチャー企業など新興企業が資金調達に活用するための取引市場もつくり出されるなど、よりたくさんの企業が幅広く株式を上場することができるよう取引市場の整備が行われています。

低金利のキャッシングなら消費者金融のアコムで借り入れしてみませんか?

++ 記事一覧 ++

株に関して

株式会社について

株取引に関して

お金のトホホ話

最新経済情報

運営者情報

株が怖い人は手堅く保険で資産運用