日経225などの主要銘柄を取引するメリット 日経225とは

日経平均株価のことです。

日経平均株価は東京証券取引所第一部に上場している株式銘柄の中から日経新聞社によって選定された225銘柄(225社)、個々の株価をダウ平均株価の算出方法を基にした計算方法によって算出される指数のことです。

ダウ平均株価とはアメリカの経済新聞社ダウ・ジョーンズ社が公表している平均株価指数です。
アメリカでは30社の株価を基にしています。
日経225のサンプリング対象になっている225社は日本の経済を左右する影響力を持った企業だとみなされており、この指数は日本経済の状態をダイレクトに反映しているとしてとても重要視されています。
日経225などの主要銘柄の株取引のメリットは、リスクが少ないということです。

東証一部市場に上場するためには、上場株式総数や時価発行総額などに高い基準が設けられており、かなり厳しい条件を満たさなければいけません。その数は約1700社です。

さらにその中から日経225のサンプリング対象に選定されている一部上場企業は日本経済を代表する企業ですから、倒産や業績悪化による負債を背負うリスクが少ないのです。

反面、株価の乱高下による多額の収益を見込むことは期待できません。しかしまとまった株を保有していれば安定した配当金による収益を見込むことが出来ます。株を保有していること自体がステイタスとなり担保になりますから、自身の信頼度アップにもつながります。

日経225を使った先物取引(ETF)も盛んに行われています。商品先物取引とは違い、市場規模が大きく、投資スタイルにも多くのバリエーションが用意されているため人気が高まっているようです。

++ 記事一覧 ++

株に関して

株式会社について

株取引に関して

お金のトホホ話

最新経済情報

運営者情報

株が怖い人は手堅く保険で資産運用