クロス取引

これは取引の仕組みからそう呼ばれているのですが、
例えば円とポンド、円と豪ドルといった米ドル以外の
通貨と取引する場合は、米ドルを間に挟んで取引するからです。

仕組みは、いったん米ドルの取引が行われ、
同時に他の通貨が取引されるようになっていますが、
これは取引量のすくない通貨間ではしかたがないことなのです。

例えば、ポンドを買う場合、円で米ドルを買うと同時に
その購入した米ドルを売ってポンドを買います。


米ドルとの取引は世界的にも多いのですぐに値段が付くのですが、
米ドルを通さないと取引量が少なく、
買いたい方と売りたい方の値段が合わないことがあるので、
この仕組みが取られることになりました。

日本円を中心に取引した場合は
クロス円という言い方になり、円との通貨ペアでの
取引する事を指します。

++ 記事一覧 ++

株に関して

株式会社について

株取引に関して

お金のトホホ話

最新経済情報

運営者情報

株が怖い人は手堅く保険で資産運用