インターバンク

取引の大きな括りで外国為替がありますが、
その中でもインターバンク市場と呼ばれる市場は、
銀行や特定の証券会社などの金融機関しか
取引することが出来ない場所となっています。


場所と言っても建物はなく、
電話やネットなどでの取引をすることで、
世界中の金融機関が取引することを可能としているものです

インターバンク市場では短期的な資金の過不足を
調整するための取引が行われていて、
ここでの取引を一般的に「インターバンク取引」と言います。

そして、この取引で形成される値段が為替の卸値となります。

そこからFX業者を介して私たち個人のレートとなる訳です。

++ 記事一覧 ++

株に関して

株式会社について

株取引に関して

お金のトホホ話

最新経済情報

運営者情報

株が怖い人は手堅く保険で資産運用