株とは?

株取引、この名称を聞いたことのない人はいないと思います。
株取引とはその名の通り「株を売ったり買ったりすること」です。
では、そもそも「株(株式)」とは何でしょうか。
株(株式)というのは企業が運営していくために必要な資金を調達するためのシステムなのです。
株(株式)を購入するということは、その株式を発行している企業(株式会社)に資金を提供するということになるのです。

資金を提供した、つまり投資をしました、という証明として受け取るのが株(株式)なのです。
株(株式)を持っている人のことを株主といいます。
株主は株式を発行している企業から1年に1回または半年に1回「配当金」を受け取ることができます。

日本の場合は「配当金」を受け取ることを目的として株式を保有している人よりも、購入した時点より値上がった株の差分で利益を上げる株取引・株の売り買いによる収益を期待して株式を購入・保有している人の方が多いようです。
日本では原則として誰でも証券取引所などを通じて株式を自由に売ったり買ったりすることができます。

証券会社に出向かなくても、自宅のパソコンや携帯電話でも簡単な手続きで株の売り買いができるようになりましたから、実際にご自身で「株取引」をおこなっている人もたくさんいます。
また企業によっては株主に対する特典・株主優待を用意しているところもありますから、その株主優待を期待して株を保有している人もいます。

++ 記事一覧 ++

株に関して

株式会社について

株取引に関して

お金のトホホ話

最新経済情報

運営者情報

株が怖い人は手堅く保険で資産運用