株の売買単位

証券会社に行って、株の取引を始めたいので○○銘柄の株を1株売ってください、
といっても売ってもらうことは出来ません。なぜでしょうか。
株には売買するための単位が決められているのです。従来、株は1000株単位で売り買いされてきました。

これを単位株制度と呼んでいました。
単位株制度は今では単元株制度にかわっています。1単元は銘柄ごとに決められている株が売買取引される最低限の単位です。

単元株制度というのは、それぞれの会社が定款の中で自由に1単元の単位(何株を1単元にするのか)を自由に決めることが出来る制度です。

従来通り1000株を最低売買単位に設定している1単元=1000株とする企業が最も多いのですが、
例えばそういった企業で1単元を500株にすれば、その企業銘柄の株が1株1000円だとして、1000円×一単元/1000株=100万円用意しないと株式を購入出来なかったのが、1000円×1単元/500株=50万円で購入できるようになるのです。

1単元の株数を下げることで個人投資家などから広く株式購入による資金を調達できるメリットがあります。
定められた単元に満たない株式のことを「単元未満株」と呼んでいます。単元未満株は相続などで株式の分割があったときに発生します。取引できる条件を満たしていないですから、通常の売買取引は出来ません。

単元未満株は、発行会社に買い取り請求をすれば時価で売ることが出来ます。また買増制度を利用して単元株とすることもできます。

++ 記事一覧 ++

株に関して

株式会社について

株取引に関して

お金のトホホ話

最新経済情報

運営者情報

株が怖い人は手堅く保険で資産運用