株式上場のメリット・デメリット

株取引というのは、株式会社が運営に必要な資金を出してくれた人に出資の証明として発行する証券・株券を売り買いすることです。

株式会社が発行している株はだれもがどこの企業の株でも買うことができるのかというと、そうではありません。
証券取引市場に上場した会社の株(または店頭公開した会社の株)だけが一般人でも株取引で売買できるようになるのです。

上場することで、その企業は社会的に優良な企業として認知され、知名度も信頼性もアップします。信頼度が上がることで銀行の信用も厚くなりますし、株が売れコストをかけずに資金を調達することができるようになります。
上場すれば株価が一気にあがりますから保有している自社株の分だけ利益を上げることができるのです。
上場した企業が優良であればあるほどこれらのメリットも大きなものになりますが、不特定多数の人間が自社株を自由に売買できるようになりますから、外部から多量の株を買い占められ、法律的にも効力を持った外部の人間が経営に参加してくることもあります。
そのために創始者である社長自身が経営陣から外されてしまうという話も珍しくありません。
上場するということは「個人経営」であった会社が、「社会が経営」する会社に変わるということです。超有名な企業でも、伝統的に親族経営を良としている会社や、社会的に公正な立場に立っていたい新聞社や出版社の中には、外部から経営陣が参入してくることで生じるデメリットを避けるために上場していない会社もたくさんあるのです。

++ 記事一覧 ++

株に関して

株式会社について

株取引に関して

お金のトホホ話

最新経済情報

運営者情報

株が怖い人は手堅く保険で資産運用