株取引のできる時間帯

上場企業の株は、東京証券取引所(東証)、大阪証券取引所(大証)、名古屋証券取引所(名証)、札幌証券取引所(札証)、福岡証券取引所(福証)、ジャスダック証券取引所、新興市場(マザーズ、ヘラクレス、アンビシャス、セントレックス)で取引されており、
私たちはこの市場を介して、または証券会社を介して株売買の取引をおこなうことができます。
株の売買取引ができる時間帯は、証券取引所(市場)が開いている時間帯に限られます。

市場の開いている時間帯は、土日祝日を除く平日の午前9時から11時(この時間帯を前場・ゼンバと呼んでいます)、午後12時30分から午後3時(後場・ゴバ)です。

売買の注文は市場の開く前に発注することが来ますが、値付けが始まるのは午前9時以降です。午前11時までに注文を通さないと、午前中不出来の扱いになり、午後の売買に回されます。
午後も同様で翌日の売買に回されるのです。

市場が開いて売買立会いが始まり朝一番に成立した取引を「寄付き」といいます。
寄付きから前場終了までの取引を「ザラ場」、午前11時前に受注したものが11時以降に出来たときは「引け」の取引、と呼んでいます。

後場でも同様の呼び方が使われています。
売買の注文方法は二通りです。
「指値注文」は、株をいくらでも買いたいとき(売りたいとき)値段を指し示して注文する方法です。

「成り行き注文」は、株をいくらでも構わないので早く売買したいとき、値段を指定しないで売買注文するやり方です。

株取引では「成り行き注文」の方が「指値注文」よりも優先されます。

++ 記事一覧 ++

株に関して

株式会社について

株取引に関して

お金のトホホ話

最新経済情報

運営者情報

株が怖い人は手堅く保険で資産運用