インターネット取引のメリット・デメリット

インターネットで株取引を始めるときは、まず証券会社の運営しているネット証券で口座を開きます。

ネット株取引でのお金のやりとりはオンラインでおこなわれますから同時にネットバンクでも口座を開いておくとなにかと便利です。

ネット上で株取引をおこなうことのメリットは、第1に売買手数料が店頭取引に比べて安いことです。店頭販売では人が仲介しますから、直接相談にのってもらったり、詳しく説明を聞くことが出来るという良さがありますが、その分の人件費が売買手数料に上乗せされることになります。

ネット株取引は、人件費の分手数料が安く設定されています。取引でわからないことがあっても、ネット上には株取引の先輩たちの経験談や専門家の解説がたくさん掲載されています。

また、ネット証券会社でも取引上の疑問や詳細を知りたいときのために、メールでの相談やフリーダイアルでも相談を受け付けていますから、検索エンジンやメール機能など一通りインターネットを扱える人なら問題ありません。
もうひとつのメリットは情報の鮮度です。
インターネットなら株式市場の動向をリアルタイムにとらえることが出来ます。当該銘柄の売り時や買い時を逃さず、自身で即決して注文を出すことが出来ます。
ネット株取引のデメリットは、システムダウンです。

ネット証券会社や利用しているプロバイダのサーバーに異常が生じてシステムダウンしてしまうと、その時におこなっていた取引が発注できておらず無効・不成立になってしまう可能性があります。人気の銘柄に発注が集中してサーバーが混み合い、アクセスに時間がかかる、アクセスできないということもありえます。

もうひとつのデメリットはタイプミスによる入力間違いです。発注枚数を間違えて入力してしまった、という話はよく聞きます。どの段階までなら発注を取り消すことができるのか、前もって確認しておきましょう。
自身のパソコンがシステムダウンを起こしたり、データを入れておいたハードディスクが壊れてしまうこともあります。
データのバックアップはこまめにおこない、取引時は複数のパソコンを起ち上げておくことをおすすめします。

++ 記事一覧 ++

株に関して

株式会社について

株取引に関して

お金のトホホ話

最新経済情報

運営者情報

株が怖い人は手堅く保険で資産運用