日本企業(経営陣)はもっと自国の労働者を大切にすべき

"中国経済がどうなっていくか、日本経済がどうなっていくか、とりわけ日本の工場が中国へ移転して、働き手がいなくなってきていることが懸念材料です。

移転の理由が人件費が安いから、そんな理由で移転してしまうのは、あいもかわらず愛国精神の無さだと思います。日本の場合は、他国よりも愛国心が少ないように思えるし、そもそも民族意識など皆無な点が産業構造にも影響します。ただ、日本は豊かと知らされていて、どことなく豊かであると思っているからその点の国益というのは意識はしていることでしょう。

就業して働くという労働の価値を見失ってきていて、それはもっぱら経営陣(経営側)が悪いのですが、リストラや賃金削減をはじめとして労働者を大切しなくなっているところが非常に残念なのがここ最近の日本の実態です。

"

++ 記事一覧 ++

株に関して

株式会社について

株取引に関して

お金のトホホ話

最新経済情報

運営者情報

株が怖い人は手堅く保険で資産運用